古紙幣について

こんにちは!おばけ君です!
今回はもっとも馴染みのあるであろう古紙幣のお話です。

「聖徳太子の100円札」
「板垣退助の100円札」
「板垣退助の500円札」
「聖徳太子の1000円札」
「伊藤博文の1000円札」

これらは持っている人、見たことある人も多いと思います。
売却希望の人も、売れるのかどうかの問い合わせも多かったです。

売れるか、売れないかでいえば一部のプレミアを除き売れないものであると言わざるを得ません。

理由
・発行枚数が多くプレミアがつかない
・そのため中古市場での売買が活発でない

と需要のなさが原因です。
これらのお札は基本的に額面通りの金額でしか売れません。

ただし、例外もあります。
初期に発行されたお札は高く売れる可能性があります。

その他に例外として、

・エラープリント
・ナンバーがゾロ目、連番
・帯付きかつピン札or美品

であればマニア向けにプレミアがつくため、買取金額が高額になる可能性があります。
業者によってマニア向けの販売ルートを持っていれば買取の可能性も大きくなるでしょう。

どのお札も将来的に価値が上がる可能性はありますが、古紙幣は劣化が進んでいくため買取金額の大きな値上がりは期待できません。普通に保管しておくだけでは価値が下がっていくものですので売却・処分を検討している方は急いだ方がよいでしょう。

エラープリントの例

通常紙幣を製造する過程では検査をして異常のある紙幣はじかれて市場に流通することはまずない……はずなのですが検査をスルーして流通してしまうのですね。

以下代表的なエラーの種類です

印刷ミス
・一部が空白となっている
・印刷がズレて左右や上下に空白
・裏面が空白のもの
などがあります。
いずれもエラーの具合、状態や希少価値などによって価格はまちまち。
数万円から数十万円で買取されているケースもあります。

記番号が違う
記番号とはアルファベット1桁or2桁と数字6桁、最後に数字1桁の文字列からなり、個別に振り区別するためのものです。

福耳
裁断ミスで四隅のどこかに切れ端が付いた紙幣が製造されることがあります。
これも本来は検査で弾かれるはずですがそのまま流通する稀なものがあります。
現在のチェック体制は国立印刷所が行うかなり厳しいものですのでかなりのプレミアになることが見込まれます。
(画像あったほうがいいです)

メクレ
印刷する時に破けてめくれがある紙に印刷してしまったため、一見すると中央部に穴が開いたように見える千円札が、実はめくれた部分に通常の印刷がしてあるものです。
エラーの中ではお宝中のお宝です。

ナンバーがゾロ目、連番
記番号がゾロ目
これはそのままですね。
正直1点だけで価格が額面以上になるのかといえば難しいところです。
マニア向けにオークションで販売すれば多少色がつくかもしれません。

連番
複数の紙幣で記番号が連続になっていることです。
価値があるのはさらに帯付きで枚数が多いことと、かつ美品でないと付加価値になりません。

 

エラー紙幣を売却する場合

エラープリントとして問い合わせがあるものはほとんどの場合が

気のせいです。。

ただエラーかもしれないと思うようでしたら現在は画像による鑑定も行える業者もありますのでメールやLINEなど画像を送信できるフォームから問い合わせましょう。
もちろん無料で行なっているところがほとんどです。

もやもやしたまま置いておくよりはいいですし、本物のエラーだったら額面の数十倍に化けることもあります。

 

古紙幣を売るには

現行で使用できる古紙幣
プレミアが期待できない部類です。売れないことが前提ですね。
ゾロ目、連番、帯付きであれば試しにネットオークションで出品することをおすすめします。思わぬ買い手がつくこともあるかもしれません。
現行使用できるものであれば銀行で両替もしくは預け入れするのがおすすめです。

使用できない古紙幣
1点あたり数十万するような高額なものもありますので買取業者に問い合わせてみましょう。
実際に査定を受けて買取できないものであれば廃棄するかネットオークションに出品で。

エラー(と思われる紙幣)
買取業者に、それも複数に画像による査定をすることを強く勧めます。
仮に1社でエラーと出ても別のところは「エラーとする」もしくは「実物を見て確かめたい」となるかもしれません。
最初はメールによる手軽な問い合わせで構いませんのでやってみましょう。

 

まとめ
基本的にプレミアがつくものはほとんどない。
中には記番号、エラーによってマニア受けするものがある。
まよったら買取業者にメールで査定

 

おまけ

高額可能性最高のプレミア紙幣 大黒天シリーズ

・1885年(明治18年)の旧一円券
別名大黒札。大黒天が描かれているものですね。
もっとも古く希少なため買取価格も高騰しています。
個人からの売却も滅多になく持っているならば劣化する前に現金化推奨です。

売却額は状態によりけりですが1〜6万円ほどになります。

・大黒天 五圓 古紙幣
売却額は状態によりけりですが20〜50万円ほどになります。

・大黒天 拾圓
これと百圓に関しては希少すぎて私も実物を見たことがありません。
売却額は予想ですが状態によりけりで20〜50万円ほどになるかもしれません。

・大黒天 百圓
過去事例がありませんので売却額は予想ですが
状態によりけりで40〜100万円ほどになる可能性があります。

参考リンク
日本銀行HP 有効な銀行券・貨幣
https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/valid/past_issue/index.htm/